ぎりぎりセーフ?ダイヤモンド富士(佐野峠)

雲海富士をGetして喜んでいたのも束の間、あれよあれよという間に雲海が成長し周りの雲と合体を始める。
ダイヤまであと1分までは富士山の稜線も山頂も何とかハッキリと見えていたのに・・・。
太陽が山頂から昇ってきた瞬間は薄くではあるが山頂も稜線も確認できるしギリギリ光芒も出ている。
その僅か10秒後には光芒はハッキリしてきたが逆に山頂は何とか判るレベルまでダウン。
自分のダイヤモンド富士コレクションには追加しても構わないけれど、イマイチだなぁ。つい先ほどまで雲海富士をGetして喜んでいたから落胆度も大きいよ。(T_T)
また来年リベンジだな。

撮影場所 佐野峠
撮影日時 2019/08/04 05:36:28
画像
PENTAX KP M f/14 ss1/80 ISO-100 露出補正なし WB:昼光(曇り) 30.6mm(46mm)


撮影日時 2019/08/04 05:36:28
画像
PENTAX KP M f/14 ss1/80 ISO-100 露出補正なし WB:昼光(曇り) 30.6mm(46mm)トリミング


撮影日時 2019/08/04 05:36:28
画像
PENTAX KP M f/14 ss1/80 ISO-100 露出補正なし WB:昼光(曇り) 30.6mm(46mm)トリミング


撮影日時 2019/08/04 05:36:38
画像
PENTAX KP M f/14 ss1/80 ISO-100 露出補正なし WB:昼光(曇り) 30.6mm(46mm)



写真の購入希望者は こちらから


地図

この記事へのコメント